虫歯が歯の中にある歯髄と呼ばれる神経や血管を入れているお部屋にまで進行してしまうと、歯の根の治療が必要です。

虫歯を除去した後、歯髄の組織を除去し虫歯菌によって汚れてしまった歯の中の壁をきれいにしていきます。

神経が生きている場合は麻酔を用いますのでほとんど痛みを感じることなく治療を受けていただけます。

歯の中の神経は複雑な形態をしていますので、薬液を用いて洗浄し隅々まできれいにするのに何度か治療に通っていただく必要があります。出来るだけ来院していただく回数を少なくするように他の歯の虫歯治療も同時に行うなどの工夫をさせていただきますが、歯の根の治療は土台に当たる部分ですので丁寧に回数を分けて行わなければならないことをご理解ください。

歯の中がきれいになったことを確認した後に根管充填剤と呼ばれる材料できれいにふたをします。その上に土台を立て、かぶせ物をしてその歯の治療は終了となります。

このように虫歯が大きく、根の治療が必要となれば治療回数もかかり、費用もかかってしまいます。なによりも根の治療を受けた歯は割れやすくなってしまい寿命が短くなってしまいますので虫歯は小さいうちに治療し正しい歯ブラシ方法を習得しメンテナンスしていくことが重要です。