虫歯や歯周病で歯を失ってしまった後入れ歯によって食べる機能を回復させます。お口の中の状態を型どりして調整し新しい入れ歯が出来上がります。

入れ歯は定期的に歯科医院で調整しなければなりません。最初は快適に使用できていたとしても段々合わなくなってしまいます。これは、入れ歯が変形するためではなく、顎の骨がやせてしまうためです。また、入れ歯の止め金がかかっている歯は負担がかかりやすく、虫歯にもなりやすいため、しっかりとメンテナンスする必要があります。長く快適に入れ歯を使うためには、定期的に歯科医院で入れ歯をチェックしてもらうことが大切です。

また、ご自身での普段のお手入れも大切です。毎食後は入れ歯用ブラシで水を流しながら洗浄するようにしましょう。入れ歯の表面で細菌やカビが繁殖することもありますので、1日に1回寝ている間入れ歯洗浄剤を溶かした水に入れ歯をつけておきましょう。

入れ歯を調整しても痛みがひかないような方や、お口の中が赤くヒリヒリしている方の中にはカンジダ菌というカビの1種に感染されている可能性がありますので、歯科医院でカンジダ菌検査を行いましょう。